日本語講師になる

3人で話す

日本語教師になるための条件

日本語教師をするために必要な資格というわけではないのですが、日本語学校では教師として採用するにあたり、上記の要件を必要としているところが多いのです。 いったん社会人となってから日本語教師になりたいと考える人が多く、その場合、日本語教育能力検定試験に合格するか、420時間の養成講座を受講するかという選択になりますが、日本語教育能力検定試験は独学で合格するのは難しいため、420時間の養成講座を受講し、さらに日本語教育能力検定試験に合格した上で日本語教師になるというケースが多いのです。

420時間の養成講座

420時間の養成講座は、資格スクールや日本語学校で開催されています。数か月で修了する集中講座もありますが、2年間程度の期間に、自分で都合の良い日に講座を受講して修了する単位制のコースもあり、仕事をしながら日本語教師を目指す人は、土日などに講座を受講することもできます。 日本語学校の養成講座では、理論の授業だけでなく実技の授業が充実していて、日本語学校に通っている日本語学習者との交流会や、日本語学校で実際に教壇に立って授業を行う教育実習などもあります。 政府は現在、日本の大学への留学生を増やしていこうという目標を立てています。留学するためには日本語が必要になるので、今後、日本語学校や日本語教師の需要は増えていくことでしょう。