英語能力を付ける方法

先生

グローバル化社会を迎えた現在の日本においては、それぞれのもつ英語力が試される場面も多くなっています。英語力を測定する方法としては、特にTOEFL試験などがあります。大学入試などでもその結果が重視されるため、TOEFL対策が必要になる場合もあります。 TOEFL対策を実施する場合、自分で勉強する際には、まずは専門書などを購入して勉強する事ができます。リスニングに備えたCDなどがセット販売されている事もありますので、それを利用してみる事もできます。 他にも、塾や予備校に通って、TOEFL対策に臨む事もできます。留学の場合には特に、TOEFLの試験結果が重要視されるため、海外の大学への留学対策の一環として取り扱われている事もあります。サイトなどで検索してみたり、自分が現在通っている塾や予備校に相談してみる事から始めてみてください。

TOEFL対策に掛かる費用としては、塾や予備校に通っている場合には、特にエクストラチャージが掛からない場合もありますし、別途特別対策費用が発生する事もあり、それぞれに違いがあります。特に塾の場合には、月額料金を支払っていますし、予備校の場合には、半年や年間費用に含まれている場合などもありますので、掛かる費用としては、模擬テスト代金などになります。集中対策として実施する特別クラスの場合には、1ヶ月に3万円位の費用が掛かる場合もあります。 また、自分で勉強する場合には、参考書代金が掛かります。最低でも1冊千円位の価格になりますので、それを何冊使用するかによっても費用が変わってきます。CDなどがセットになっている参考書の場合には、少し高めの価格設定になっている事が多い様です。