学ぶ心得

勉強中

ビジネス英語の定義について

ビジネス英語の重要性が増していると言いますが、ビジネス英語とはどのような定義なのか明確な基準はありません。ビジネス英語と言う言葉を聞くと、仕事に関する専門的な知識が必要になると考えている方も大勢いますが、実際には自分の考えていることを英語で的確に表現する事ができるレベルをビジネス英語と捉えている企業が大半を占めています。情報網の発達により、海外とのやり取りが盛んになっている現代では外国企業と商談を行うことも一般的になっています。そうすることで、日本国内に安く食材や材料を調達することができていますし、日本が得意とする技術を駆使して加工貿易を行っているからです。ケタの大きい金額をミスコミュニケーションなくやり取りする力が個人に求められるようになっています。

受験の為だけに英語を活用しないこと

自分の考えていること、そして相手が言いたいことを的確に把握するためには基礎的な英語力がなくてはコミュニケーションを取ることはできません。ビジネス英語を身に付けて、活躍の幅を広げたいと考えている人は基礎学力を固めた上でコミュニケーションを取るようにする必要があります。なぜなら、基礎学力がなければ複雑な会話内容や文章を理解する事ができないからです。大学受験の英語を入試の為だけのツールと考えていると成長する事は不可能です。受験英語は最低限の学力になるので、社会人としてグローバルに活躍をしようと考えているならさらに高い知識を要求されるようになります。英語だけではなく、経済動向や国際的な流れを把握する事ができなければグローバルな人間として活躍する事は不可能です。